ニュース

19-10-2018

ピンクリボン活動啓発キャンペーン “ザ・ペニンシュラ・イン・ピンク”キャンペーン

2018年9月1日に開業11周年を迎えたザ・ペニンシュラ東京(所在地:東京都千代田区、総支配人:ソーニャボドゥセック)は、10月1日(月)-31日(水)の間、乳がんの予防、早期発見、診断、治療の大切さを伝えると共に、乳がん患者を支援するピンクリボン活動啓発キャンペーン“ザ・ペニンシュラ・イン・ピンク”を実施いたします。

2008年よりオフィシャルチャリティとして継続しており、今年で11回目を迎えます。10月1日(日)-31日(水)の間、外観のピンク色のライトアップに加え、ピンクアフタヌーンティーやカクテルのご提供や期間限定のスパトリートメント、キャンペーンオリジナルピンの販売を行います。各商品の売り上げ毎に500円を日本乳癌検診学会(※1)やキープ・ア・ブレスト・ジャパン(※2)へ寄付いたします。

ホテルにお越しになるお客様一人ひとりがお気軽にご参加いただけるチャリティの機会となります。1980年代に米国にて乳がんで他界した患者の家族が“この悲劇が繰り返されないように”と願いを込めて作ったリボンから始まりまった啓蒙活動に皆さまのご参加をお待ちしております。

戻る